日商簿記の通信教育テキスト

日商簿記

私が日商簿記3級を勉強するために申し込んだ通信教育についての紹介です。

会社の教育制度を利用し、「日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)」の「日商簿記3級コース」に申し込んでいます。

申し込んだ経緯はこちらで紹介していますので、気になった方はご覧ください。

今回は教材の内容と、勉強スタートまでの流れを紹介したいと思います。

6月開講のコースを選んでいたので、数日前に届いています。

こんな箱です。

一回ですべての教材が届きました。

教材の中身を確認しました

受講インフォーメーションというのが入っていて、そこに概要が書いてありました。

そこに今回の教材の内容が書いてありました。

手引き・・・1冊

テキスト・・・1冊

レポート・・・3冊

その他・・・3

私

「その他3」って何!?

他は「冊」って単位なのにその他には単位もないです・・・

実際に入っていたのは

  • 受講インフォメーション
  • 「受講生のみなさまへ」
  • テキスト
  • 問題集
  • 解答集
  • 過去問題集
  • レポート問題集(1単位・2単位・3単位)
  • レポート問題を提出する封筒3部(切手は自分で貼る)
  • 「日商簿記検定3級コース」の学習の進め方~学習する前にお読みください~

その他は何なんでしょう??

「問題集」「回答集」「過去問題集」あたりかなー?

多分「全部そろっている」ということで先に進みます。

テキストのデザインがおしゃれ

「簿記」っていうとなんか昭和のにおいがしますが、テキストがおしゃれです。

大きく「3」とありますが、3級という意味でしょうか。。。

私は「3冊目」の意味と勘違いして、1と2を探してしまいました(笑)

ちなみに、問題集と回答集がこれです。

どれももちろん「3」です(笑)

JMAM 受講者サポートサイトへ登録

送ってきた箱にも、「すぐにご登録ください」とあるので早速登録です。

「manabien]で検索してみました。

出てきました。

ここから新規ユーザー登録を行いました。

私

もしかしてWeb上でテキスト見られるの?

さすが最近の通信教育はIT化が進んでる!

動画まで見られるならネットスクールと同じじゃん!!

とテンションがちょっと上がってクリックしてみると・・・

私

ないんかーい!!

気を取り直して次に行きましょう

学習計画をたてましょう

教材の中に入っていた

「日商簿記検定3級コース」の学習の進め方~学習する前にお読みください~

これに「1.学習計画をたてる」とあります。

私

3ページと4ページに計画を組むのねー

分かりました!

A4サイズに細かく分けられています。

これが2ページ!!

私

老眼の私には無理でーす!!(涙)

しかし安心して下ださい。

そのためのWebページです。

サポートサイトに「学習管理」という欄があってカレンダーへ予定が入力できるとあります。

早速クリックしてみました。

私

ん!?

思ってたんと、違うぞ???

今度は「予定を入力しろ」と来ました。

「日商簿記検定3級コース」の学習の進め方には学習内容が55項目もありました。

それをすべて入力するくらいなら、

そんな時間あるなら勉強しろ!!

ですよね。

誰かさん
誰かさん

お前もブログなんか書いてないで、さっさと勉強は始めろ!

という声も聞こえますのでそろそろやめて勉強します。

結論 勉強を始めます

やってみないとペースも分からないのに、細かいスケジュールを組んでも時間の無駄。

1を飛ばして2へ進みます。

つまり学習のスタートですね。

ある程度学習を進めてみて、ペースをつかんだら、レポートの提出のスケジュールだけでも入れようかと思います。

目標は1か月毎に提出。

そうすれば期限の半分で終了することが出来ます。

  • 第一単位:1~3章(P2~50)
  • 第二単位:3章~8章(P51~110)
  • 第三単位:9章~16章(P111~225)

章が進むにつれてボリュームが増えています。

「さすがに第三単位は1か月では無理なのでは?」

と思っています。

なのでレポートをすべて完了すのは4か月かな。

レポートをすべて完了してから本当に試験を受けるか判断します。

受けると判断したら、試験の申し込みを行って過去の問題集に取り掛かる。

スケジュールはこんな感じでいいんではないでしょうか。

結構適当(^^;)

という訳で学習始めます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました